ホワイトハッカーチーム

ホワイトハッカーチーム

ホワイトハッカーとして活躍できる実戦の場を提供!
なお、初心者の方はLMS(学習システム)を使用してホワイトハッカーの技術を習得できます。

ホワイトハッカーとして、 人々のサイバー空間における安心と安全を守ります。
コンピューターとインターネットの普及に伴い、 個人の情報や国家、企業の情報がデジタル空間に保存され、 相互に接続されるようになりました。
個々人の重要な情報をつなぐ重要な場となり、いままで以上に安心安全を守るための人材が必要とされています。
ホワイトハッカーチームは情報技術における知識を学び、時代に呼応した知識を取り入れ、
サイバー空間により接続される空間をつくるとともに、 個人、国家、企業の安全を守ります。

カリキュラム

1:IT概論(修了目安 1.5ヶ月)

コンピューターの成り立ち、ネットワークの仕組み、コンピュター言語の種類などインフォメーションテクノロジーに関わる基礎を学びます。

2 : プロジェクトマネージメント概論(修了目安 1.5ヶ月)

プロジェクトマネージャー、ディレクター、エンジニア、テスター、プロジェクトの進行に関わる基礎を実践を通じて学びます。

3 : WEB(修了目安 3ヶ月)

インターネットにおける基本構成要素であるHTML、CSS、JavaScript、PHP、MySQLなどの、WEBの基礎を学習します。

4:オペレーションシステム(修了目安 3ヶ月)

Linux, Windows, Mac OSなどのオペレーション基礎的な構造を理解します。

5 : ネットワーク基礎(修了目安 3ヶ月)

ネットワークの基礎を学ぶことでルーター、パケット解析、DNSなどのネットワークを構成する要素を学びます。

6 : コマンド、アプリケーション、オープンソース(修了目安 3ヶ月)

ホワイトハッカーとして利用するコマンド群、アプリケーション群、またオープンソースの代表的なものを学びミアス。

7 : devops(修了目安 3ヶ月)

git, docker, CIなどのソースコードを主にしたオペレーション基礎を学びます。

ホワイトハッカーチーム推薦図書

サイバーセキュリティマネジメント入門
KINZAIバリュー叢書

高まるサイバー攻撃のリスクに対して、100%の備えをするのは不可能、では、どうすればよいのか?

必ずやって来る脅威に対応するための組織管理と人材育成のあり方を考える。
レベルアップする攻撃側に対して防御側の企業が取るべき行動、
実際にサイバー攻撃を受けてしまった後の対処など、経営者や組織管理者が来るべき脅威を正しく認識し、
行動するための必須知識を解説した入門書。

受講できる施設

GFTD. SHIBUYA WORKS